全国 風俗体験談無料風俗動画・画像・写真・漫画情報の口コミレポートブログ

トップ >  ブログ >  全国 > 

フリーワード検索
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
若い女性が性産業に取り込まれやすい状況や、アダルトビデオの出演強要問題など、性を取り巻く巨大産業の背景に何があり、どこが問題なのか。米軍基地から派生する性暴力についても関心を寄せる、作家の北原みのりさんに話を聞いた。




―昨年6月に那覇市で開かれた米軍属女性暴行殺人事件に抗議する県民大会に参加されたと聞いた。


「米軍関係者による性被害について、基地があるから起きてしまうという『自然現象』のように語ることを絶対に許してはいけないと考えている。加害者の責任を追及していくための理論構築が本当に必要なんだと去年の事件で思った。性被害は軍隊や基地のある故の問題だと一般化してしまうと、加害者の責任が薄まる。日本軍「慰安婦」問題も同様で、「戦争の悲劇」として語ってしまうと日本の責任が薄まる。男の人が権利のように女性を買う文化があって、性暴力に対して鈍い雰囲気が社会にある」




―未成年が性産業に取り込まれる現状についてどう思うか。


「東京のJK(女子高生)ビジネスを取材したときに、10代の子が制服を着ているだけでおじさんが『いくら』と聞いてくる。『高収入 アルバイト』で検索すると、クリック一つで性産業にいける。どこまでが自分の主体的な責任としてなのか、社会に責任はないのか。女性が性風俗につながる環境が整いすぎている問題は大きい」


「性売買の根拠を聞くとおじさんたちは『世界最古の職業だよ』の一言で片付けてしまう。なぜこんなに発展し続けているのか、抜け穴のある売春防止法が、世界と比べてどうなのか。性売買を支える法律、意識、歴史、文化についても考えないといけない」




―子どもの貧困問題で、貧困解消に向け行政も取り組んでいるが、性産業に従事している子育て中の若い人は、支援の対象になりづらい。自分で選択したという誤解もある。


「男の人の中には『金払って支えてやっている』という気持ちの人もいるだろう。しかし見方を変えると『そんなに買わないといけませんか』『そこを前提にしなくていいのでは?』と思う。『性と国家』の本で対談した元外交官の佐藤優さんは、はっきり嫌いだと言っていたが、男の人にもそういう人はいる。男の人が男の人に向けて『買春やめようぜ』と言ってほしい」


「女性が遊ぶ金欲しさに売っているという男性の見方は、買いたい男の安心材料でしかない。男が値段を付けて売り、男が買っている。一方で、男の人の性も相当利用されていると思う。これだけコンビニにエロ本が並ぶ社会で、男性の性的圧迫感も強いだろう。本当は嫌だけど、キャバクラに付き合う人間関係や文化もあると察する」




―アダルトビデオ(AV)への出演強要問題が、最近表面化している。


「AVや風俗がこれだけ巨大産業で一般化されている状況は、他の国で例えようがない。結局AVも風俗も性労働や性表現の問題ではなく『性搾取の問題』だ。性搾取と捉えれば、現実に起きている被害を浮き彫りにでき、こんなことを強要している社会がおかしいよと言える。AVの被害が訴えられないのは、出演料が発生していたり、映像が流通する中、声を上げるとさらに広まったりする恐れがあるから。表現の自由を盾に、あたかも(監督や出演者を)表現者のように祭り上げるのは新たな暴力を生んでいるし、被害者の口をふさいでいる。まず被害者がこれだけいるということを、言っていかないといけない。被害を訴えることと、男たちの需要をやめるのを一緒にやっていかないといけない」


(聞き手 知花亜美)


http://ryukyushimpo.jp/news/entry-468641.html

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
「性」に関することに限らず、一切の事物は善悪を定めることはできない。


なぜなら、物事を実行する人の「心」というものが最初の始まりだからだ。


愛を持って家庭のためにと包丁を使う人もいれば、憎しみを抱えて包丁を使う人もいるように、全ては行う人の「心」なのに、、、


一概に「性産業」を否定したり、頭ごなしに悪いものと捉えて見たり、それでは社会は発展できない。


包丁を悪い方に使う人がいるから、包丁を地上から消し去りましょう・・・


こんな上っ面だけの対策をしたところで、諸悪の根源の「悪意」と向き合えてはいないのだから。


性産業を否定、批判する方は是非とも、性産業の発展、すなわち真逆のことも議論していただきたいと思う今日このごろ。
そうすることで陰陽一体となった発展のちからが生まれるのだから。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 九州・沖縄
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 沖縄
ミセスモンロー
ハニーガール
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
九州最大の歓楽街、福岡市・中洲で客引きの取り締まりを強化するため、福岡県警博多署と中洲町連合会は17日から、客引きに対する警告や通行人に注意を促すアナウンスを流す。署によると、昨年は30人が県迷惑行為防止条例違反などで摘発され、1年で倍増。背後に暴力団の存在も指摘されており、署は地域と連携して清浄化に乗り出す。


アラベスク、バード、フリー…。中洲地区での客引き行為は条例で禁じられているが、飲食店関係者によると、少なくとも八つのグループが存在。客をつかまえやすい場所を巡ってトラブルも起きているという。


客引きが拠点とする無料案内所も、4年前の35店から50店に増加。案内所は風俗店などから広告料を受け取っており、署は一部が暴力団の資金源になっているとみている。


こうした現状を受け、署は昨年から、中洲から暴力団を排除する「博多マル暴ゼロ作戦」の一環として取り締まりを強化。その結果、客引きに関する苦情は大幅に減ったものの「いくら警告しても、次の日には同じ場所に立っている」(署幹部)と“いたちごっこ”が続いている。


アナウンスは17日夜の「中洲環境浄化パレード」に合わせて始め、中洲交番などに設置したスピーカーから毎日午後8時〜10時45分に放送する。同時に飲酒運転や性犯罪の防止も呼び掛ける。署は「客引きに対し、地域にも監視の目があるというアピールになる」と期待を寄せる。


=2017/03/16 西日本新聞=


西日本新聞社


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00010005-nishinpc-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
良からぬお店や客引きに引っかからないように、ネットでお店情報は仕入れてから向かうのがBESTな世の中。


女の子の情報もしっかり出ているし、料金も分かるし、事前に予約できるお店だってあるし、今誰が出勤しているか分かるお店も多い。


このブログを読んでくれている方には是非風俗で遊ぶ前にネットを活用して欲しいと思う今日この頃なのでした★★★
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 九州・沖縄
業種タグ: 料亭
地域詳細タグ: 福岡
立川風俗受付センター
街中娘の秘密の素顔。。
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
“小田原ジャンパー事件”を機にあらためて注目される生活保護。不正受給対策ばかりが叫ばれるが、実際に不正受給している人たちは何を思い、どのような生活を送っているのか――




不正受給者の素顔


車を乗り回し、仕事せずにのうのうと生きている……。そんなイメージの強い不正受給者だが、現実はそう甘くない。その一例が田中由美さん(仮名・50歳)だ。


「もともと、20歳の若さでシングルマザーになり、給料の高い保険屋、パチンコ屋などで必死に働きました。


それでも借金は膨れ上がる一方。息子は成人を迎えても引きこもりで働くことができず、仕方なく40歳で風俗を始めました」


精神的苦痛から心の不調に陥り、片付けることが億劫に。部屋にはゴミが積み上がり、飼い猫の餌や糞尿も……。冷暖房もなく、冬場は猫を抱いて寝るという苦しい日々に、やがて限界が訪れた。


「毎年一度、大病を患うようになりました。糖尿病、腎不全、脳炎、子宮頸がん。入院が1か月以上に及ぶこともあり、昼の仕事を探すのはどうしても難しくて……」


どうにか風俗で食いつなぐも、毎年の大病もあり、雪だるま式に借金が積み重なり、家賃も半年間滞納してしまう。


「ある日、大家が来て『家賃払えないなら生活保護を受けるか、体を売れよ!』と脅されました。本当に悔しくて悔しくて……」


この大家の一言が決め手になり、田中さんは8年前に生活保護を申請。風俗出勤で稼ぐ約8万円に、家賃補助込みで毎月約13万円の支給が加わり、生活は安定した。ただ、生活保護費以外に収入がある場合は、それを月に一度報告する義務がある。健康的な生活を取り戻しつつあるが、「不正受給」に変わりはないのだ。


「子供も私の入院を機に、半ば強制的ですが社会復帰して家を出ていきました。少し余裕が出たので、最近は会員制のスポーツジムに通っています」


そんな田中さんだが、小田原ジャンパーの件にも、心が揺さぶられたと話す。


「何様だと思われるかもしれませんが、やっぱり腹立たしい。正義だって言うなら、不正受給しているヤクザ事務所にも、あのジャンパーを着て訪問してほしいですよ」


それでもやましい気持ちがあるのは事実であり、田中さんは生活保護から抜け出したい気持ちは常に持っていると話す。


「最初、役所に支給金を受け取りに行ったときに、あまりにダメそうな人が多くて、“あーなったらダメ”と思いました。『何で働けないのかな〜?』と言うケアワーカーの嫌みも地味にツラいですし」


昨年末からは就労支援の後押しもあり、昼4時間限定でパートも開始。収入申告もして、支給額の減額という第一歩を踏み出した。


「今年1年、病気にならなければ本格的に就職したいです」


その願いは、叶うのか――。


― [生活保護]のリアル ―


https://nikkan-spa.jp/1289833

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
人によって人生の生き方は大きく違うけれど、
「病気にならなければ◯◯をする・・・」
「もう少し体力があったら、、、あんなことができたのに・・・。」


そういうスタンスで生きている人が、その不調のサイクルを抜け出しているのをあまり見たことがない。


むしろ、何かしらのハンデを抱えていても、果敢に何かに挑んでいく者が生き残っていたりする不思議。


病気だからと外出を控えたりすればするほど、衰退していく年配の方のようというか・・・


この記事を読んでくれた人には是非とも、
何があっても「自分は元気」と思って?思い込んで?人生を謳歌して欲しいと思う。
逆に言うと「自分は元気じゃない」と思い込んでいたら何もできなくなるからである。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 全国
Club☆痴女ギャル
モンロー
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
コンプレックスのひとつやふたつ誰しもあるものだが、女子にとって一番のそれは「ブス」ではないだろうか? 「かわいい」「きれい」では「ない」という劣等感は、たぶん、男性が感じる何倍以上も女子にとってはつらい現実なのである。


その「ブス」というコンプレックスを乗り越えた一人の女性がいる。しかも、男性向けAV監督として彼女が関わる「エロ業界」が「ブス」の劣等感を克服してくれたのだ。
『女の数だけ武器がある。たたかえ!ブス魂』(ペヤンヌマキ/幻冬舎)は、女性ながらにしてAV監督であり、現在は自身の演劇ユニット「ブス会*」の劇作家・演出家も務める著者が綴った「ブス克服&共感エッセイ」だ。


著者のペヤンヌマキさんがAV業界に足を踏み入れたのは、「エロを仕事にするなんて、なんだか面白そう」という理由から。「平凡な自分の人生を変えてくれる何かがあるかもしれない」という期待感から、なんとなくAV制作会社の門を叩いたのが始まり。


もう一つの理由は「彼氏が風俗に行くのを許せる女になりたい」というもの。当時付き合っていた彼氏とセックスレスだったのに、彼氏が風俗に通っていたことに大ショックを受けたペヤンヌさんは、「彼女の私を差し置いて、自分の彼氏を欲情させる女性たちの実態を知れたら楽になるのでは?」という気持ちもあったそうだ(彼氏の観るAVのAV嬢にも嫉妬していたとか)。


そしてAV業界に入り、自分が女を品定めする立場になってみると、「私がこれまで羨んでいた、なりたくてもなれなかったような美女が、全ての男から好かれるというわけではありませんでした」ということに気づき、さらに「どうやら男は、美人というよりもエロい女が好きなようでした」と感じる。


女は、美人じゃなくてもスタイルがよくなくても、エロければ魅力的に見える。そういう基準もあるということに気づいた途端、ものすごく心が楽になりました。


『エロ』に救われたのです。


さらに彼氏が風俗に行くのは「自分に魅力がないから」だと落ち込んでいたペヤンヌさんに、AV業界は「そうではない」ことも教えてくれた。「男は大きく3つのタイプに分類され」「キャバクラ好き。風俗好き。そして、どちらも行かないという人」とのこと。


ペヤンヌさんの彼氏は激安のピンサロ好きで、ただ射精ができればよかったタイプの男性だった。「マンネリ化した彼女以外」なら、誰でもよかったのだ。そう思えるようになったことで、スーッと心が楽になったとか。


まさかAV業界が「ブス」というコンプレックスを克服するきっかけになるとは、著者自身も思っていなかっただろう。だが、ペヤンヌさんにとってAV業界は、「コンプレックスを強みに変えた女は強い」ことを教えてくれた場所でもある。貧乳、背が小さい、ぽっちゃり……AV嬢には様々な女性がいるが、「誰しも、誰かには求められている」。コンプレックスも(それが好きな相手には)売りになる。そのことも、ペヤンヌさんの心を軽くした。


「女性の視点からAV業界・AV嬢を観た場合」、男性とはおそらく違った見え方になるだろう。本書ではその「女性ならではの視点」が面白い。


また、終始エロい話をしているわけではなく、ブスの劣等感に苦しんだ思春期時代や、大人になってからの「同窓会での女友達の幸せ自慢攻撃」、「ブスは克服できたのに、今度は未婚、子なし三十路の焦り」などなど、同じ状況の女性にとって「あるよね〜」と思える「共感エッセイ」の側面もある。


知られざるAV業界への「好奇心」も満たされ、「共感」もできる本書。ネガティブ思考を吹き飛ばしたいなら、ぜひご一読あれ!


文=雨野裾


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170325-00362531-davinci-ent

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
風俗業界を知らないで敵視したり、風俗業界を知らないで卑下したりする女性が多い中、こんな風に自分の人生を謳歌している女性がいたとは。


「エロ」を頭ごなしに否定するものは「エロ」に泣く。


そんな名言が出そうな記事。


風俗業界で働く女性は男性との向き合い方が上手とはよく聞く話。
せっかく風俗業界に携わるなら、お金以外の面も自分の人生の肥やしにしたいと考えさせられる記事だった。
カテゴリー : 風俗ニュース
地域タグ: 全国
業種タグ: その他
地域詳細タグ: 全国
モンロー
ミセスモンロー
風俗体験動画無料レポートブログ管理人 (29歳)
「焦ったら負けや」。2月のある週末の夜、大阪市都島区のJR京橋駅近くに停車した車中で、府警少年課のベテラン捜査員が絞り出すようにつぶやいた。


取材で未成年者の深夜補導に同行したときの一幕。府警に「ガールズバーが少女を雇い、深夜に違法な客引きや接客をさせている」との情報が寄せられ、入念に作戦を練った上で補導に向かったのだ。


比較的早い時間に少女らの客引きが始まると予想していたそうだが、いくつかの「誤算」があり、長期戦を強いられた。意気揚々と街に繰り出すサラリーマンらの姿を横目に、同僚と連絡を取りながらじっとしている捜査員らには頭が下がる思いがした。


最初の誤算は悪天候だった。冷たい雨がぱらつくと、ミニスカートなど露出の多い服装の少女らは屋内に入ってしまった。間もなく雨はやんだが、またしても誤算があった。他部署の捜査員が別の事案で同じ地区に立ち入ったとの情報が風俗店関係者の間で出回ったらしく、少女らの姿は見えなくなってしまった。


待機すること数時間。ようやくその時が来た。私服姿の捜査員らの後についていくと、幼さを隠すためか不自然に厚化粧の少女らが繁華街の入り口でガールズバーの客引きをしていた。


連係プレーで取り囲み、18歳の女子高生と17歳と18歳の無職少女2人を補導。彼女らを車に乗せるとき、それまで言葉少なだった捜査員が見せたほっとした表情が印象的だった。


府警は昨年、風俗店などで違法に働いたとして、女子中学生19人、女子高生22人を補導した。ガールズバーや、制服姿で客にマッサージをする「JKリフレ」で勤務していたケースが多かったという。少女らは小遣い稼ぎ感覚で始めており、店側も足元を見て格安で雇っているようだ。今回補導された3人も時給はわずか千円程度だった。


自覚はないかもしれないが、大人たちに「搾取」される少女らが性犯罪に巻き込まれる可能性も少なくない。ベテラン捜査員が最後に見せた表情は、彼女らを救い出すことができたという安堵の気持ちが思わず出たのかもしれない。(府警担当 井上浩平)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170319-00000527-san-soci

 
風俗体験動画無料レポートブログ管理人から一言(´・ω・`)
大人たちに「搾取」される少女たちという見方に一理あり。
でも社会に出ると「搾取」なんてよくある話。
つまりは大人だろうが子供だろうが、野生の勘のようなそういったものを養っておく必要がある。
搾取されたとしたら自分の責任でもあるという観点を失ってはならない。
警察が助けてくれるとは限らないし、搾取されたことを証明できるとも限らない。
世の中は複雑に絡み合っているのだから。


どんな状況にいても必ず怠ってはならないことは、、、「野生の勘」を失わないこと、そして常に冷静でいること、これこそが自分の命を救うのだから。。。
カテゴリー : 風俗ニュース
フェチさんサンバ
「デリヘルタイムズ」